アズマの強み Advantage

お客様第一を追求してきた
アズマロジスティクスだから
大手に負けない3つの強みがあります。

アズマの強み その01

お客様の物流部門に

お客様の物流部門に

私たちアズマロジスティクスは、常に“お客様の物流部門”として皆様と同じ目線にたって課題に取り組み、ニーズに合わせた物流サービスをご提供してまいりました。
一口に物流サービスといっても、お客様の願いは多種多様です。 その願いをカタチにする為に、既存の物流システムでは対応できない事でも、長年の積み上げてきた経験をもとに、時代とニーズに合った最適なプランをカスタマイズ致します。
まずはお気軽に一度ご相談ください。

現場を徹底分析、最適プランを共に作り上げます

業務部長:小倉 孝之

お客様D社を例にあげご紹介しますと、D社では「1.お客様の立場に物事を進める姿勢 2.敏速かつ丁寧な対応 3.効率的な物流体制の確立とアドバイス 4.商品管理の徹底」のご要望をお持ちでした。そのご要望にお応えする為に、私たちは物流現場を詳細に分析し、最適なカスタマイズプランをお客様と共に作り上げ、現在運用をしています。通常の3PL業務に「X線検査に商品検査」をライン化し、一貫管理を導入。お客様との協議を随時行い、商品・材料・生産内容に応じた検品業務をスタートさせました。
また現場においては、お客様のご要望を漏れなく、且つ分かりやすく現場の人たちに落とし込む事を常に意識して取り組んでいます。

アズマの強み その02

現場を極める

現場を極める

まずはお客様が今何を目指し、何に困っているのか―それを徹底的にヒアリング後は、お客様の現状を数値化し、ありとあらゆる視点から改善策を考えます。
その中で例え今の自分たちにはできなそうなことであっても、どうすればできるのかを徹底的に考え、実行してきました。
“まずは自分たちから最大限の努力を”これが、お客様と共に成長してきた私たちのやり方です。
改善・成長の為にはお客様に投資していただくこともございますが、それはまずは私たちが努力させていただいた後のこと。お互いに納得し、気持ちよく取り組めるよう心掛けています。

「何が何でもやる」強い意志で成功へ導きます

業務本部 課長:天野 道

以前、お客様の販売管理システムとWMSシステムとの連携させようとした際、お互いにとにかく良くしようという思いから話し合いを重ね、双方ともに投資をし、新しい仕組みでの運用を行いました。
その結果サービスもキャパシティも格段に上がり、お客様の過去最高収益に貢献し、また弊社側としてもコストを抑え、お互いWINWINの結果を残すことができました。
新しいことにチャレンジすることは大変労力を要します。ただしそれを成功させるかどうかは人の“思い”です。「何が何でもやる。やりきる。」という強い意志を持っていれば大抵のことは成功すると私たちアズマは信じています。ぜひご一緒に新しいことへチャレンジしましょう!

アズマの強み その03

スピードの徹底

スピードの徹底

当社は都心からもアクセスしやすい千葉県の柏・野田・松戸、茨城県の守谷に基幹センターを構え、常にスピード感を意識して業務に取り組んでおります。
お客様と共に試行錯誤しながら業務フローの最大限の作業効率化を図るのはもちろんのこと、さらに全基幹センターで共通の倉庫管理システムを導入することで、繁忙期などの1つのセンターで対応しきれない場合にも、すぐに近隣センターとの連携が可能です。
レスポンス・作業・情報連携・お客様への対応、“全てにおいてスピードを求める”のがアズマロジスティクスです。

お客様の笑顔のために全エネルギーを注ぎます

営業本部 課長:村井 真也

今までに様々なことを経験してきました。震災時には、お客様のからのお願いで、東北の被災した会社様の物流拠点の商材を引き受けるために、基幹センターが連携して引き入れスペースを数日で確保し、何とか物流業務を行える環境を短期間で構築したり、作業期間が短い中で、この物量は困難だと思われていた出荷作業を問題なく終わらせたり、振り返ると色々なことを行ってきました。
どんなに苦労をしても、お客様から笑顔で「助かったよ!」と言っていただけると、その苦労も嬉しさに代わり、今では良い思い出となります。
これだけ長く仕事に携わると、当然失敗もあります。失敗しても、私たちは全社を挙げてリカバリーを素早くとり、お客様の被害を最小にするべく行動をしてきました。失敗は誇れるものではありませんが、こういう時だからこそ、スピードは最速・全エネルギーを注ぎます。
お客様第一を考え、スピード感をもつ熱い人の集団が「アズマロジスティクス」です。